骨格の歪み矯正をして足やせダイエットをしよう!

足やせダイエットがうまくいかない人は、もしかしたら骨格の歪みが原因かもしれません。

むくみによって足が太く見えることがあるのは、骨盤の歪みが原因で血流が悪くなっているからです。本来はつかない脂肪が蓄積されることも、骨格のゆがんだ部分にはあるようです。骨格が歪んでいるかもしれないのが、正座をした時に左右の膝の高さが揃っていない人や、いすに座るといつも同じ方の足ばかりを組む癖がある人です。整形外科の施術を受けるという方法や歪みを正すにはエステや整骨院もありますが、施術には費用がかかるものです。自宅でできる、骨格の歪みを正す足やせダイエットもあります。膝と骨盤が、歪みを矯正したい主な部位です。骨盤の歪みは特に下半身への影響が大きく、足やせが難しくなってしまいます。足やせダイエットの中でも骨盤の歪みを正すものは、後ろ歩きが良いようです。リズミカルに後ろ向きに、1日20分程度を目安に歩いてみてください。可能な限り一定の歩調で歩き、立ち止まったり早さを変えたりしないようにします。膝の歪みを正し足やせ効果が期待できるのは、仰向けになって、膝を胸元まで引き寄せた姿勢で膝をぐるぐると回す運動をすることです。はじめに5回ほど回したら、反対方向に回しましょう。足やせダイエットのための運動は、毎日気長に続けることが重要です。
ラココ大森店