機能性食品とは

よく目にするようになってきたのが、機能性食品や栄養補助食品、特定保健食品などという言葉のついた食品です。

一昔前まではこれらをすべて総称して、健康食品と呼んでいました。ここ数年は、健康食品の事をサプリメントと呼ぶことが増えてきました。誇大な広告で健康的な効果を宣伝したり、薬品との区別がつきにくいので、効能に関しては誤解や勘違いなどのトラブルが多くなっているのも事実です。根拠のない食品を、中には悪質な業者がいて、健康食品と称して高額商品として販売していることもずいぶんあったといいます。さまざまな経緯から厚生労働省は健康食品の表示について規制しました。メーカー側は機能性食品や栄養補助食品などという名称を付けて、区別を一定の栄養素を認めるものについてするようになったといえるでしょう。特定の症状に効くと法律上言えるのは、薬だけなのです。薬ではない機能性食品については、一般的には宣伝活動を行う際は法に触れない程度にとどめておかなければならないことになっています。薬以外はすべて食品扱いになりますが、他の粗悪な健康食品と区別がつきません。機能性食品という名称を付けて宣伝するように、いまいちアピール効果も弱いことからなっているようです。栄養素としての成分の存在をアピールしているのが、機能性食品なのです。健康的な商品で、他の健康食品よりも体に良いというイメージを、機能性食品の場合はアピールしています。シースリー(C3 )渋谷店