食物繊維のはたきと腸へのメリット

食物繊維は人に消化されることはない炭水化物の一種で野菜や果物など植物に豊富に含まれています。

一昔前までは取る必要のない無駄なものとして認知されていた食物繊維なのですが、近年の研究によって食物繊維が体に良いことはわかってきていることは皆様もご承知のはずです。

食物繊維は腸内で便のかさをまし、排便をスムーズに導いてくれる働きがあります。腸内で肩を増してくれるので排便に限らず腸内に残っている有害物質も吸着して一緒に排出してくれます。

食物繊維には大きく分けると水に溶ける水溶性のものと、水に溶けない不溶性のものに分けることができます。水溶性の食物繊維にはペクチンりゃマンナンなどといったものがありコレステロールを減らし動脈硬化はを予防する働きが期待できます。不溶性の食物繊維は排便にとても効果的で有害物質を吸着して外へ出してくれる働きがあります。また町内の善玉菌を増やし大腸がんの予防効果が期待できます。

野菜や豆類などに多く含まれていますが、種類によって含まれている食物繊維は様々ですのでいろいろな野菜をバランスよく摂ることによって、食物繊維の有意義な使い方ができてきます。

偏った食事にならないように様々な野菜や果物を食べるように習慣づけるといいでしょう。

特に近年では日本でのがんのトップは大腸がんと胃癌が大半を占めています。野菜や果物とることによって胃や腸の働きを助け非常になりやすいがんを予防していつまでも健康でいられるように心がけましょう。
グリーン酵素スムージー