解剖学者

不正咬合と正常咬合を見分けるということはなかなか容易な事ではありません

。しかしながらこの不正咬合と正常咬合を標準化しようと試みた人がいます。2人いますが、その1人がドイツのジモンという解剖学者です。この人は永久歯の上顎犬歯の頂点は、目の瞳孔の真下にあるのが正常であるということを発見しました。これは「ジモンの顎態診断法」と呼ばれているものです。これも参考にしながら、不正咬合と正常咬合に見分けるということが行われています。ちなみにもう一つの方法発表したのが、この自問という人が発表する。10年前の事ですけども、アメリカのアングルという医者が一つの考え方を発表しています。それは永久歯の上下の第1大臼歯の上下のかみ合わせが正常な歯並びの標準としようというものです。このアングルという医者とそしてジモンが発見したものが現在世界中の不正咬合の分類と診断の標準となっています。これによって不正咬合か正常咬合が決まるということができます。ファンケル アクネケア お試し